1. HOME
  2. 論文紹介
  3. 2009年までのの論文

論文紹介

褥瘡

発生要因・予測

論文

  • Changes in serum and exudate creatine phosphokinase concentrations as an indicator of deep tissue injury: a pilot study. Int Wound J, 5(5): 674-680.(Sari, Y., Nakagami, G., Kinoshita, A., Huang, L., Ueda, K., Iizaka, S., Sanada, H., Sugama, J.)
  • A prospective study of blanchable erythema among university hospital patients. .Int Wound, 5, 470-475.(Konishi, C., Sugama, J., Sanada, H., Okuwa, M., Konya, C., Nishizawa, T., Shimamura, K.)
  • Validation and determination of the sensing area of the KINOTEX sensor as part of development of a new mattress with an interface pressure-sensing system,BioScience Trends,2(1): 36-43.2008.(Sakai K, Nakagami G, Matsui N, Sanada H, Kitagawa A, Tadaka E, Sugama J.)
  • Development of a new risk assessment scale for predicting pressure ulcers in an intensive care unit.Nursing in Clitical Care,(13(1):34-43, 2008)(Suriadi, Sanada H., Sugama J. et al)
  • Risk factors in the development of pressure ulcers in an intensive care unit in Potianak, Indonesia. International wound journal, 4(3):208-215, 2007,(Suriadi, Sanada H., Sugama J., Kitagawa A., et al)
  • 在宅版褥瘡発生リスクアセスメントツールの開発.日本褥瘡学会誌,9(1):28-37,2007.(村山志津子,北山幸枝,大桑麻由美,北川敦子,仲上豪二朗,須釜淳子,真田弘美)
  • Prognosis of stageⅠ pressure ulcers and related factors. International Wound Journal, 3(4):355-362, 2007. (Sato, M., Sanada, H., Konya,C., Sugama, J., Nakagami, G.)
  • A Prospective Cohort Study of Lower-Extremity Pressure Ulcer Risk Among Bedfast Older Adults. Adv Skin Wound Care, 19(7) : 391-397, 2006. (Okuwa, M., Sanada, H., Sugama, J., Inagaki, M., Konya, C., Kitagawa, A., Tabata,
  • A new instrument for predicting pressure ulcer risk in an intensive care unit. J Tissue Viability, 16(3):21-26,2006. (Suriadi, Sanada H, Sugama J, Thigpen B, Kitagawa A, Kinosita S, Murayama S.)
  • Pressure-Induced Ischemic Wound Healing with Bacterial Inoculation in the Rat, WOUNDS, 17(7):157-168, 2005. ( Sugama, J., Sanada, H., Nakatani,T. et al)
  • 座位姿勢をとる高齢者の褥瘡形成の実態把握調査‐褥瘡の形状と車椅子接地形状の関係から , 日本看護科学会誌, 24(4):36-45, 2005.(藤本由美子,真田弘美,須釜淳子)
  • 褥瘡発生に関連する介護力評価スケールの作製と信頼性の検討, 日本褥瘡学会誌, 6(4):647-651, 2004.(村山志津子,大江真琴,真田弘美 他)
  • 褥瘡におけるポケット形成にいたるまでの過程の検討, 日本褥瘡学会誌, 6(4):607-615, 2004.(越村洵子,紺家千津子,真田弘美 他)
  • Stage Iの褥瘡における治癒過程の実態―14症例の分析から―.日本褥瘡学会誌, 6(1): 63-67,2004.(佐藤美和,真田弘美,紺家千津子 他)
  • 高齢者における褥瘡治癒過程からみた形態的分類と看護ケアとの関係 ポケット形成のある褥瘡に焦点をあてて.日本褥瘡学会誌,4(1):60-69,2002.(紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 他)
  • 褥瘡危険要因とわかりやすい褥瘡予防・治療ガイドライン.日本医事新報,4037:19-29,2001.(大浦武彦, 阿曽洋子, 近藤喜代太郎, 真田弘美, 他)
  • K式スケール(金沢大学式褥瘡発生予測スケール)の信頼性と妥当性の検討 高齢者を対象にして.日本褥瘡学会誌,3(1):7-13,2001.(大桑麻由美, 真田弘美, 須釜淳子, 他)
  • 本邦における褥瘡患者六五五例の現状と実態,.日本醫事新報, 3990: 23-30, 2000. 10月(大浦武彦 他)
  • 褥創発生予測試作スケール(K式スケール)の信頼性と妥当性の検討.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,2(1):11-18,1998.(真田弘美, 須釜淳子, 紺家千津子, 他)
  • 急性期における褥創発生要因の変化と褥創発生との関係.金沢大学医学部保健学科紀要,22: 195-197,1998.(須釜淳子, 真田弘美, 藤岡昭子, 他)
  • 術後及び回復期における褥創発生要因の変化と褥創発生との関係.金沢大学医学部保健学科紀要,22: 191-194,1998.(真田弘美, 須釜淳子, 紺家千津子, 他)
  • 高齢者の褥創発生と骨突起との関係.日本ET協会学術雑誌,1(1):34-41,1997.(真田弘美, 永川宅和, 須釜淳子, 他)
  • The role of skin blood flow in pressure ulcers development during surgery. Advances in Wound Care, 10(6): 29-34, 1997. (Sanada, H. et al)
  • エアーマットレスによる減圧時に発生した褥創とその発生要因の関係.日本看護科学会誌,14(3):384-385,1994.(須釜淳子, 真田弘美, 小藤幹恵, 他)
  • 車椅子老人の褥創発生と体圧の関係についての研究.日本看護学会25回集録老人看 :167-169,1994.(伴真由美, 須釜淳子, 真田弘美, 他)
  • 臨床における日本語版Braden Scale(褥瘡発生予測尺度)の効果的な応用方法の検討.日本看護科学会誌,11(3):82-83,1991.(小藤幹恵, 稲垣美智子, 真田弘美, 他)
  • 日本語版Braden Scaleの使い方とその研究.ナースデータ,13(4):70-74,1992.(真田弘美, 金川克子, 稲垣美智子)
  • 日本語版Braden Scaleの信頼性と妥当性の検討.金沢大学医療技術短期大学部紀要,15:101-105,1992.(真田弘美, 金川克子, 稲垣美智子, 他)
  • 日本語版Braden Scale(褥瘡発生予測尺度)の信頼性と妥当性の検討.日本看護科学会誌,10(3): 78-79,1990.(真田弘美, 金川克子, 稲垣美智子, 他)
  • 老人の褥瘡予防に関する基礎的研究 施設に入所している老人の褥瘡発生状況とその要因について.看護技術,35(1):105-112,1989.(真田弘美, 金川克子, 川島和代, 他)

総説・解説・その他

  • 変わってきた褥瘡の定義.メディカル朝日,9:16-17,2008.(真田弘美,仲上豪二朗)
  • 発赤は褥瘡?どう対応する 特集 褥瘡ケア変わったこと新しいこと.エキスパートナース,24(2):28-30,2008.(大桑麻由美)
  • 褥瘡チーム医療ハンドブック,II.褥瘡の評価-1.リスク評価. 文光堂, 34-42. 2007.(大江真琴,真田弘美)
  • 最前線 褥瘡の予防と治療.理療,35(2):24-39,2005.(真田弘美,須釜淳子,紺家千津子 他)
  • リスクアセスメントツールをいかす.医学のあゆみ,213(8):725-730,2005.(大桑麻由美,真田弘美)
  • 看護面からみた褥瘡予防 皮膚の観察とリスクアセスメント.MEDICAL REHABILITATION,38:31-38,2004.(須釜淳子,村山志津子,真田弘美)
  • 褥瘡発生リスクの予測 K式スケールの使用方法.クリニカルプラクティス,23(5):476-479,2004.(真田弘美,大桑麻由美,村山志津子)
  • 寝たきりによる褥瘡を予防する.Aging&Health,12(3):11-14,2003.(大桑麻由美,真田弘美)
  • 看護・介護の技術 看護・介護の技術.Progress in Medicine,23(10):2521-2526,2003.(大桑麻由美,真田弘美,須釜淳子)
  • 褥創発生のリスクアセスメント 褥創発生予測スケールに焦点をあてて.臨床看護研究の進歩,6:10-21,1994.(真田弘美,須釜淳子)
  • 褥瘡の予防・管理.臨床栄養,103(4):391-397,2003.(真田弘美)
  • 褥瘡は予防できるか? 褥瘡発生予測スケールと圧管理ケア.Visual Dermatology,2(6):532-539,2003.(須釜淳子,真田弘美)
  • 褥瘡発生要因の抽出とその評価.日本褥瘡学会誌,5(1-2):136-149,2003.(真田弘美,大浦武彦,中條俊夫 他)
  • 最新のアセスメントツールとマットレス管理 褥瘡スクリーニングのために.ナーシング,23(5):6-17,2003.(大桑麻由美,真田弘美)
  • 褥瘡のリスクアセスメント.形成外科,46(4):353-360,2003.(真田弘美)
  • 今日から始める褥瘡・嚥下障害へのアプローチ 褥瘡予防・管理 そのアセスメント方法の実際.エキスパートナース,19(3):104,2003.(真田弘美)
  • 褥瘡対策チームで必要な基礎知識 褥瘡看護の基礎知識 リスクアセスメントスケールを中心に.薬局,54(4):1625-1633,2003.(大桑麻由美,真田弘美)
  • 褥瘡のリスクアセスメント.エキスパートナース,18(2):26-29,2002.(真田弘美)
  • 褥瘡のリスクアセスメント.Geriatric Medicine 老年医学,40(8):1004-1008,2002. (真田弘美)
  • 褥瘡の看護 予測と外的要因へのケア.医薬ジャーナル,37(7):2141-2148,2001.(真田弘美)
  • 知っておきたい最新の基礎知識 褥瘡はどこまで予測できる? 臨床看護,27(9):1340-1345,2001.(大桑麻由美,真田弘美)
  • 褥瘡発生の重要因子 「骨突出」のアセスメントとケア.エキスパートナース,16(3):52-55,2000.(須釜淳子,真田弘美)
  • 褥瘡発生と骨突出とのかかわり.医学のあゆみ,194(11):868-869,2000.(須釜淳子,真田弘美)
  • 褥瘡をつくらないためのアセスメント.看護技術,45(12):1289-1300,1999.(真田弘美,大桑麻由美)
  • 褥創は予防し,治すことができる ブレーデンスケールによる科学的アプローチ.看護学雑誌,61(2):113-140,1997.(真田弘美)
  • 褥創治療の進歩 ブレーデンスケール.作業療法ジャーナル,31(1):74-77,1997.(真田弘美)
  • 褥瘡発生の予測:リスクアセスメント.看護技術,42(1):13-18,1996.(真田弘美)

体圧分散ケア

論文

  • Continuous monitoring of interface pressure distribution in intensive care patients for pressure ulcer prevention. Journal of Advanced Nursing, doi:10.1111/j.1365-2648.2008.04935.x,2009.(Sakai, K., Sanada, H., Matsui, N., Nakagami, G., Sugama, J., Komiyama, C., Yahagi, N.)
  • Evaluation of Comfort in Bedridden Older Adults Using an Air-Cell Mattress with an Automated Turning Function: Measurement of Parasympathetic Activity During Night Sleep, 34(12): 20-26, December 2008.(Futamura, M., Sugama, J., Okuwa, M., Sanada, H., Tabata, K.)
  • Influence of the "hammock effect" in wheelchair cushion cover on mechanical loading over the ischial tuberosity in an artificial buttocks model. Journal of Tissue Viability, doi:10.1016/j.jtv.2008.08.001, 2008.(Iizaka, S., Nakagami, G., Urasaki, M., Sanada, H.)
  • 二層式エアマットレスのギャッチアップにおけるずれに関する有効性の検討 健康成人を対象としたずれ力測定から.日本褥瘡学会誌,7(1):141-145,2005.(二村芽久美, 西澤知江, 大桑麻由美, 他)
  • Measuring the pressure applied to the skin surrounding pressure ulcers while patients are nursed in the 30°position. Journal of Tissue Viability, 15(1): 3-8, 2005. (Okuwa, M., Sugama, J., Sanada, H., et al)
  • Effectiveness of double-layer air-cell oberlay on tangential force in healthy young women with their head in an elevated position. Japan Journal of Nursing Science, 1(2):125-131, 2004. (Short Brief) (Sugama, J., Sanada, H., Okuwa, M., et al)
  • Randomised controlled trial to evaluate a new double-layer air-cell overlay for elderly patients requiring head elevation. Journal of Tissue Viability, 13(3):112-121, 2003. (Sanada, H., Sugama, J., Matsui, Y., et al)
  • 体位変換技術が褥瘡の形状と血流に及ぼす影響.日本褥瘡学会誌,5(3):494-502,2003.(北川敦子, 紺家千津子, 表志津子, 他)
  • Reliability and validity of a multi-pad pressure evaluator for pressure ulcer management. Journal of Tissue Viability, 12(4): 148-153, 2002. (Sugama, J., Sanada, H., Takahashi, M.)
  • 二層式エアセルマットレスの褥瘡予防における臨床実験研究.日本褥瘡学会誌,3(3):331-337,2001.(松井優子, 三宅繁美, 河崎伴子, 紺家千津子, 他)
  • 褥瘡発生率と治療コストからみたICUでの低圧保持用上敷きマットレスの使用評価.日本褥瘡学会誌,3(1):44-49,2001.(藤川由美子, 寺師浩人, 真田弘美)
  • 高齢者における二層式エアセルマットレスのギャッチアップ時の圧分散効果 単層式エアセルマットレスとの比較.金沢大学医学部保健学科紀要,24(2):125-129,2001.(須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 他)
  • 褥瘡ケアにおけるマルチパッド型簡易体圧測定器の信頼性と妥当性の検討.日本褥瘡学会誌,2(3):310-315,2000.(須釜淳子, 真田弘美, 中野直美, 他)
  • 高齢者における自動内圧調整クッションの圧分散力と姿勢保持力の検討.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,3(1):52-55,1999.(須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 他)
  • 脳卒中後遺症リハビリテーション病棟における体圧測定を導入した体圧分散寝具選択基準の作成と有効性の検討.臨床看護研究の進歩,10:98-103,1998.(中野直美, 升谷奈奈, 黒田康子, 真田弘美, 他)
  • 体位変換におけるベッドのローリング効果-高齢者対象.金沢大学医学部保健学科紀要,21: 55-58,1997.(東屋希代子, 須釜淳子, 真田弘美, 他)
  • 低圧保持用上敷き試作エアマットレスの使用評価.金沢大学医学部保健学科紀要,21: 45-49,1997.(真田弘美, 須釜淳子, 稲垣美智子, 他)
  • Comparison of five replacement mattresses with regard to interface pressure and comfortableness. Memoirs Health Sci. Med. Kanazawa Univ., 20:119-126, 1996. (Sugama, J., Sanada, H., Inagaki, M., et al)
  • Study of pressure ulcer prevention ?Evaluation of criteria on application of air mattress for terminally III patients-. Memoirs Health Sci. Med. Kanazawa Univ., 20:101-105, 1996.1(Sanada, H., Sugama, J., Inagaki, M., et al)
  • 圧力の相違がヒトの踵における皮膚組織と深部組織へ及ぼす影響.日本看護研究学会雑誌,20(2): 27-37,1997.(真田弘美, 須釜淳子, 稲垣美智子, 他)
  • 2種類のエアマットレスの体圧分散方式の違いが体位変換に与える影響の検討.看護技術,43(4):417-421,1997.(須釜淳子, 真田弘美, 稲垣美智子, 他)
  • 終末期患者におけるエアーマットレスの使用基準の検討.臨床看護研究の進歩,7:83-88,1996.(紺島万知, 紺家千津子, 岡部美香, 他)
  • 経皮酸素分圧値を指標とした除圧ケア及びマッサージ効果の検討.日本看護科学会誌,15(4):23-30,1995.(真田弘美, 金川克子, 稲垣美智子, 他)
  • ねたきり高齢者の車椅子使用時における除圧方法の検討.金沢大学医療技術短期大学部紀要,19:89-94,1995.(真田弘美, 須釜淳子, 稲垣美智子, 他)
  • エアマットレス内圧の違いによる5つの体位における接触圧の比較.金沢大学医療技術短期大学部紀要,19:83-88,1995.(須釜淳子, 真田弘美, 稲垣美智子, 他)
  • 高齢者におけるエアマットレスの内圧と接触圧の関係.医科器械学,65(9):419-427,1995.(真田弘美, 須釜淳子, 稲垣美智子, 他)
  • 体圧分散方式の違いによる2種類のエアマットレスの臨床効果の比較.エマージェンシー・ナーシング,8(8):698-703,1995.(須釜淳子, 真田弘美, 種池美智子, 他)
  • 除圧・減圧用具の有効性に関する研究 踵部圧迫中における皮膚血流の変化(英語) .金沢大学医療技術短期大学部紀要,18:129-133,1994(須釜淳子, 真田弘美, 稲垣美智子, 他)
  • 高齢者のおむつ使用と褥創の関係 おむつ内外の仙骨部体圧の測定.金沢大学医療技術短期大学部紀要,18:147-150,1994.(真田弘美, 須釜淳子, 稲垣美智子, 他)
  • 車椅子老人の褥創発生と体圧の関係についての研究.金沢大学医療技術短期大学部紀要,18: 121-123,1994.(伴真由美, 須釜淳子, 真田弘美, 他)
  • 褥創予防の除圧に関する研究 ICUにおける2種類のエアーマットレスの比較.ICUとCCU,19(2):147-152,1995.(須釜淳子, 真田弘美, 種池美智子, 他)
  • 褥創予防の看護に関する研究 手術をうける患者に対するエアーマットレスの使用基準の検討.日本看護研究学会雑誌,17(1):61-68,1994.(真田弘美, 須釜淳子, 金川克子, 他)
  • 褥創予防の看護に関する研究 ICUにおける2種類のエアーマットレスの比較.金沢大学医療技術短期大学部紀要,17:167-170,1993.(須釜淳子, 真田弘美, 種池美智子, 他)
  • 褥創予防における除圧用具の有効性に関する基礎的研究 エアーマットレスの違いが血流に及ぼす影響.金沢大学医療技術短期大学部紀要,17:133-136,1993.(真田弘美, 須釜淳子, 稲垣美智子, 他)
  • 除圧ケアの行われているICU入室患者の褥創発生にかかわる要因の検討.金沢大学医療技術短期大学部紀要,16:55-59,1993.(須釜淳子, 真田弘美, 金川克子, 他)
  • 褥瘡予防の看護 褥瘡発生リスクの高い患者の30分仰臥以後の仙骨部tcPO2回復の推移.金沢大学医療技術短期大学部紀要,12:49-53,1988.(稲垣美智子, 西村真実子, 真田弘美, 他)

総説・解説・その他

  • 体位変換と離床.外科治療,99(5): 479- 488, 2008.(南條裕子, 東村志保, 真田弘美)
  • 体圧分散寝具のこれから(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から).エキスパートナース,24(3):28-31,2008.(松井典子, 山本裕子, 下田晋也, 酒井梢, 真田弘美)
  • 「ずれ」を予防するための効果的な方法..エキスパートナース,24(2)::54-57,2008.(仲上豪二朗, 真田弘美)
  • 褥瘡予防マットレスに求められる機能動きやすさと寝心地(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から).エキスパートナース,24(2):108-111,2008.(下田晋也, 松井典子, 酒井梢, 真田弘美)
  • 体圧分散寝具のこれから(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から)..エキスパートナース,24(3):28-31,2008.(松井典子, 山本裕子, 下田晋也, 酒井梢, 真田弘美)
  • 「ずれ」を予防するための効果的な方法 特集 褥瘡ケア変わったこと新しいこと.エキスパートナース,24(2):54-57,2008.(仲上豪二朗、真田弘美)
  • 変わりはじめたマットレスの概念「圧再分配」とは? 特集 褥瘡ケア変わったこと新しいこと.エキスパートナース,24(2):51-53,2008.(須釜淳子)変わりはじめたマットレスの概念「圧再分配」とは? 特集 褥瘡ケア変わったこと新しいこと.エキスパートナース,24(2):51-53,2008.(須釜淳子)
  • 体圧分散ケアとしてのポジショニング(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から).エキスパートナース,24(1):30-33、2008<酒井梢,,松井典子, 下田晋也,,真田弘美.>
  • 体圧分散の基本的概念とは?(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から),エキスパートナース,23(12): 30-33,2007.( 松井典子,酒井梢, 仲上豪二朗,下田晋也,影山光子,真田弘美)
  • 第12章褥瘡ー圧分散ケア、菱沼典子、小松浩子編集、看護実践の根拠を問う(改定第2版)、南江堂、163-181.2007(須釜淳,真田弘美).
  • office dermatology①ーシーティングの知識と褥瘡の予防について(2006年11月9日収録)、皮膚病診療、29(3):319-328、2007.(廣瀬清一,真田弘美,栗原清一(司会)
  • 超高機能エアマットレスの臨床評価.エキスパートナース,20(4):122-125,2004. (西澤知江,真田弘美,宝土和恵他)
  • 体圧分散寝具選択のポイント.地域ケアリング,5(8):42-45,2003.(須釜淳子)
  • 実践に還元される量的研究 褥瘡予防における体圧分散寝具の開発とその評価.日本看護科学会誌,23(2):52-55,2003.(真田弘美)
  • 褥瘡ケアに使用される器具・機材.臨床栄養,103(4):410-416,2003.(大桑麻由美)
  • チームで進める褥瘡対策 看護計画の具体的な立て方 圧迫・ズレ力の排除.エキスパートナース,19(10):24-28,2003.(須釜淳子,真田弘美)
  • 体圧分散方法-体位変換,寝具の選択.形成外科,46(4):361-368,2003.(須釜淳子,真田弘美,表志津子)
  • 根拠のある褥瘡予防用具の選び方.看護学雑誌,67(3):253-259,2003.(大桑麻由美,真田弘美)
  • 在宅医療 在宅での褥瘡予防の予防策に体位変換が一番と考えてはいけない! 治療85(増刊): 865-868,2003.(須釜淳子,真田弘美,表志津子)
  • 予防と治療 褥瘡の予防と治療に必要な体圧分散寝具の知識.皮膚病診療25(Suppl.1 ):69-75,2003.(須釜淳子,真田弘美)
  • 褥瘡ケアのエビデンス QOL拡大が可能な体圧分散寝具の臨床応用に向けて.臨床看護,28(13):2078-2085,2002.(須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美,他)
  • 褥瘡の予防と管理 体位変換・圧管理.Geriatric Medicine 老年医学40(8):1009-1015,2002.(須釜淳子,真田弘美)
  • 体圧分散マットレスの種類で褥瘡治癒率が異なるか? ナーシング・トゥデイ,17(5):38,2002.(須釜淳子,真田弘美)
  • 体圧分散寝具の選択方法.医薬の門,42(1):102-105,2002.(須釜淳子,真田弘美)
  • 除圧の考え方と方法.エキスパートナース,18(3):28-31,2002.(須釜淳子,真田弘美)
  • 臥位時の褥瘡予防技術.臨床看護,27(9):1396-1402,2001.(須釜淳子,北川敦子,真田弘美)
  • 皮膚科医のための実践的予防ケアの知識 褥瘡リスク評価および体圧分散の工夫.Derma. 44:7-14,2001.(真田弘美)
  • 床ずれ防止装置.ナーシング・トゥデイ,14(12):92-98,1999.(須釜淳子,真田弘美)
  • 体位変換 移動の技術を用いた援助の実際 拘縮のある患者への援助.看護技術,44(8):847-852,1998. 須釜淳子,真田弘美)
  • 皮膚科医のための臨床トピックス 体圧分散寝具の特徴とその使用方法.臨床皮膚科,52(5):193-195,1998.(真田弘美,須釜淳子)
  • 褥創ケアの新しいアプローチ 体圧分散寝具の特徴とその使用方法.臨床看護,23(2):251-257,1997.(真田弘美)
  • 褥創予防・治療のためのスグレもの.ナーシング,16(9):98-103,1996.(須釜淳子,真田弘美)
  • 褥瘡の予防 圧迫へのケア方法.STOMA,7(3):5-13,1996.(真田弘美)
  • 褥瘡予防のための除圧方法.看護技術,42(1):19-23,1996.(須釜淳子,真田弘美)
  • 体圧分散寝具の接触圧と寝ごこち度の比較.ナーシング,15(11):130-139,1995.(須釜淳子, 真田弘美, 稲垣美智子, 他)

スキンケア

論文

  • Exploring the relationship between skin property and absorbent pad environment. Journal of Clinical Nurs, doi:10.1111/j.1365-2702.2008.02606.x, 2009.(Shigeta, Y., Nakagami, G., Sanada, H., Oba, M., Fujikawa, J., Konya, C., Sugama, J.)
  • ベビーパウダー散布によるずれ力低減効果の検討―下腿部における実験的な研究―.日本褥瘡学会誌,9(4):501-507,2007.(松尾淳子,小浦場祥夫)
  • Incontinence induces stratum corneum vulnerability and impairs the skin barrier function in the perianal region. Dermatology, 213(4):293-299, 2006.(Nakagami, G., Sanada, H., Kitagawa, A., Tadaka, E., Maekawa, T., Nagase, T., Konya, C.)
  • Comparison of two pressure ulcer preventive dressings for reducing shear force on the heel.Journal of WOCN., 33(3):267-272, 2006.(Nakagami, G., Sanada, H., Konya. C., et al)
  • マウス皮膚における創周囲皮膚の清潔が創傷治癒過程に及ぼす影響.日本褥瘡学会誌,7(4):818-826,2005.(北山幸枝,中谷壽男,真田弘美,他)
  • Dose the use of a cleanser on skin surrounding pressure ulcer in older people promote healing? Journal of Wound Care, 14(4):169-171, 2005. (Konya, C., Sanada, H., Sugama, J., et al)
  • 新しい褥瘡予防用皮膚保護材の皮膚バリア機能回復効果とずれ力軽減効果に関する研究.日本褥瘡学会誌,7(1):107-114,2005.(仲上豪二朗, 紺家千津子, 北川敦子, 他)
  • Skin Debris and Micro-organisms on the Periwound Skin of Pressure SkiaUlcers and the Influence of Periwound Cleansing on Microbial Flora. Ostomy Wound Management, 51(1): 50-59, 2005. (Konya, C., Sanada, H., Sugama, J., et al)
  • エアマットレスの体圧分散方式の違いが蒸散・発汗量と,皮膚温に及ぼす影響.日本褥瘡学会誌,6(4):660-663,2004.(西澤知江, 二村芽久美, 須釜淳子, 他)
  • 合成セラミド含有皮膚洗浄剤の褥瘡周囲皮膚への影響.日本褥瘡学会誌,5(3):508-514,2003.(石川伸二, 冨樫博靖, 田村成, 真田弘美, 他)
  • 試作排便センサシステムの臨床使用評価.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,4(2):57-59,2000.(紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 他)
  • 尿失禁とおむつが臀部皮膚へ及ぼす影響の検討.第21回日本老年泌尿器科学会プログラムおよび抄録集繁田佳映, 132,2008.( 大場美穂, 藤川潤子, 仲上豪二朗, 井上歩, 上田葵子, 田端恵子, 須釜淳子, 真田弘美)
  • 臀部における皮膚障害の治癒促進・悪化予防を目的とした尿取りパッドの有効性の検討. 第21回日本老年泌尿器科学会プログラムおよび抄録集,133, 2008.(大場美穂,繁田佳映, 仲上豪二朗,松尾淳子, 井上歩, 上田葵子, 藤川潤子, 田端恵子, 須釜淳子, 真田弘美)
  • 褥瘡保有者における足浴の有効性の検討.日本褥瘡学会誌,4(3):358-363,2002.(真田弘美, 紺家千津子, 北川敦子, 他)
  • The effect of hot bathing on local blood flow in elderly patients with pressure ulcers. Memoirs Health Sci. Med. Kanazawa Univ., 24(2): 61-65, 2001. (Sanada, H., Nakatani, T., Sugama, J., et al)
  • New synthetic fibre sheets prevent moisture and heat retention and reduce shear in bedfast patients. World Council of Enterostomal Therapists Journal, 20(3): 8-14, 2000. (Sanada, H., Sugama, J., Konya, C., et al)
  • 褥瘡を有する高齢者の創周囲皮膚における石鹸洗浄の有効性の検討.日本褥瘡学会誌,2(1):32-39,2000.(真田弘美, 大西美千代, 北山幸枝, 他)
  • 褥瘡を有する高齢者における入浴の有効性の検討.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,3(1):40-47,1999.(真田弘美, 須釜淳子, 永川宅和, 他)
  • 紙おむつの枚数と湿潤状態の違いによる車椅子座位時の体圧と皮膚血流変化.金沢大学医学部保健学科紀要,21:79-82,1997.(須釜淳子, 真田弘美, 稲垣美智子, 他
  • 褥創予防看護の研究 シーツのしわが皮膚血流に及ぼす影響.金沢大学医療技術短期大学部紀要,19:139-143,1995.(稲垣美智子, 伴真由美, 真田弘美, 他)

総説・解説・その他

  • 皮膚・排泄ケア認定看護師が行うAdvanced Skin Careとは(第17回日本創傷・オストミー・失禁研究会教育講演)日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌.2009,12(2):8- 11.真田弘美
  • 病態生理とケアの実際から学ぶ皮膚・排泄ケア最前線第8回 褥瘡①病態生理.ナーシング・トゥデイ,23(13):37-41,2008.(仲上豪二朗,長瀬敬,真田弘美)
  • 創の洗浄について(第1特集 創傷ケアをきわめる創傷ケアの温故知新).臨牀看護,32(11):1552-1555,2006.(紺家千津子,真田弘美)
  • チームで取り組む褥瘡対策 圧迫,ズレ力の排除,スキンケアの具体的技術を中心に.エキスパートナース,20(4):110-111,2004.(真田弘美)
  • 失禁による汚染が原因で治癒遅滞している褥瘡への新たなケア.エキスパートナース,18(10):106-108,2002.(田端恵子, 高波知佳, 梶原須美子, 真田弘美, 他)
  • 湿潤と摩擦・ずれ予防を考慮した体位変換マットの開発とその有効性.訪問看護と介護,2(7):494-498,1997.(真田弘美,須釜淳子,田端恵子,他)

栄養

論文

  • Comprehensive assessment of nutritional status and associated factors in the healthy, comunity-dwelling elderly. Geriatrics and Gerontology international, 8(1): 24-31, 2008. (Iizaka S., Tadaka E. & Sanada H.)
  • Healing process of pressure ulcers after a change in the nutrition regimen of bedridden elderly: A case series. Japan Journal of Nursing Science,2(2):85-93, 2005.(Omote, S. , Sugama, J. , Sanada, H., et al)
  • 褥瘡予防における寝たきり高齢者用簡易栄養状態アセスメント用具の妥当性の検討.日本褥瘡学会誌,4(1):55-59,2002.(須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 他)

総説・解説・その他

  • 第5部 症状・疾患に対する栄養療法-褥瘡.改訂版 NST完全ガイド 経腸栄養・静脈栄養の基礎と実践,349- 353,2009(表志津子,真田弘美)
  • まえがき-褥瘡ケアのあゆみと今後.臨床栄養,112(6):617-618,2008.(真田弘美)
  • 高齢者における褥瘡と栄養の関係(特集 高齢者の栄養管理とケアー各病態別の対応ー).Geriatric Medicine(老年医学),45(3):281-285,2007.(片田正一,加藤チイ,真田弘美)
  • The impact of malnutrition on morbidity,mortality,length of hospital stay and costs evaluated through a multivariate model analysis. Nutrition & Dietetics, 7(2):4-5, 2004. (Kawao, M., Sugama, J., Sanada, S.)
  • 栄養リスクをもつ閉じこもり高齢者における二つの栄養介入モデルの効果.The Journal Club Journal Nutrition & Dietetics, 7(1):10-11, 2004. (表志津子,須釜淳子,真田弘美)
  • Journal Nutrition & Dietetics. 6(1):38-39, 2003. (Omote, S., Sugama, J., Sanada, H.)
  • シリーズ褥瘡予防4 褥瘡と栄養管理.ふれあいの輪,14(1):9-12,2000.(真田弘美 他)
  • 褥創ケアと栄養管理.エキスパートナース,14(1):100-105,1998. (真田弘美)

管理・評価

論文

  • 皮膚・排泄ケア認定看護師の褥瘡管理コンピテンシーモデルの構築.日本褥瘡学会誌,10(2):117-121,2008.(西澤知江,真田弘美,萱間真美)
  • Changes in nurses' competency for pressure ulcer management after the introduction of a pressure ulcer management program. Journal of Society Nursing Practice, 20(1):24-33, 2008. (Nishizawa, T., Sugama, J., Sanada, H.)
  • 1. Recent trends in pressure ulcer management in Japan (Japanese Session Abstracts ). epuap Review. 9(1): 2008. (Sanada, H.)
  • 脊髄損傷患者の褥瘡の深さと健康行動との関係-Health action process approach-による分析-.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,11(2):21-29,2007.(木下幸子,菅井亜由美,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子)
  • A study of the efficiency and convenience of an advanced portable Wound Measurement System(VISITRAK TM).Journal of Clinical Nursing, 16:1265-1269 ,2007. (Sugama, J., Matsui.Y., Sanada, H.,Konya, C.,Okuwa, M., Kitagawa, A.,)
  • 寝たきり高齢者における踵部褥瘡の深達度とABI(ankle branchial index)との関係.日本褥瘡学会誌,9(2):177-182,2007.(大桑麻由美,真田弘美,須釜淳子,大江真琴,田端恵子)
  • 特定機能病院における褥瘡予防ケアの質指標:前向きコホート調査.日本褥瘡学会誌,9(1):56-63、2007.(大桑麻由美,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,北川敦子,小西千枝)
  • 創傷計測キットの信頼性と妥当性の検証.日本褥瘡学会誌、9(1):43-49、2007.(松井優子,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,木下幸子,間脇彩奈)
  • 褥瘡の創面評価法(特集/リハビリテーション関係者のための実践褥瘡予防・治療ガイド<褥瘡の治療>.Monthly Book-MEDICAL REHABILITATION,75:37-45,2007.
  • ニ層式エアセルマットレス導入による褥瘡の治癒過程と費用対効果.日本褥瘡学会誌,8(2):140-147,2006.(佐藤文,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美,玉井奈緒,川崎美保子)
  • Structural model of the prognostic factors affecting healing of pressure ulcers in elderly patients. Japanese Journal of Pressure Ulcers, 7(1):115-123, 2005. (Sugama, J. Inagaki, M., Sanada, H.)
  • 褥瘡発生と危険因子の実態 褥瘡診療計画書を分析して.日本看護学会論文集35回看護管理:137-139,2005.(鈴見由紀, 中西悦子, 小西千枝, 山内由美子, 干場順子, 坂尾雅子, 小藤幹恵, 紺家千津子, 西村元一)
  • 褥瘡状態判定スケール(DESIGN)の予測妥当性の検証と重みづけの検討.日本褥瘡学会誌,7(1) :67-75,2005.(松井優子), 須釜淳子, 真田弘美, 他)
  • Reliability and validity of DESIGN, a tool that classifies pressure ulcer severity and monitors healing. Journal of Wound Care, 13(1): 13-18, 2004. (Sanada, H., Moriguchi, T., Miyachi, Y., et al)
  • Clinical activity-based cost effectiveness of traditional versus modern wound management in patients with pressure ulcers. WOUNDS, 16(5):157-163, 2004. (Ohura, T., Sanada, H., Mino, Y.)
  • 褥瘡管理における近代的ドレッシング材使用と伝統的ドレッシング材使用の費用対効果に関するアクティビティ・ベースド・コスティング手法を用いた臨床的比較研究.日本老年医学会雑誌,41(1):82-91,2004.(大浦武彦, 真田弘美, 美濃良夫)
  • 褥瘡アセスメントツールの項目精選 ケア介入が可能なアセスメントツール.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,5(2):36-39,2002(藤本由美子, 真田弘美, 紺家千津子, 他)
  • DESIGN 褥瘡アセスメントツールとしての信頼性の検証.日本褥瘡学会誌,4(1):8-12,2002.(真田弘美, 徳永恵子, 宮地良樹, 他)
  • Current issues in pressure ulcer management of bedfast elderly in Japan. Journal of Tissue Viability, 11(1):35-36, 2001. (Sanada, H.)
  • 褥瘡のある患者に対する訪問看護の質保証をめざした標準枠組の開発 クリティカルパス法の考え方を用いて.日本褥瘡学会誌,2(1):7-16,2000.(叶谷由佳, 真田弘美, 沼田美幸, 他)
  • 本邦205病院 施設における褥瘡治療の方針と治療方法.日本医事新報,3991:12-20,2000.(大浦武彦, 近藤喜代太郎, 真田弘美, 他)
  • PUSH Toolの臨床適用の検討.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,3(1):56-60,1999.(紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 他)
  • 褥瘡における看護の質評価 褥瘡ケア基準とその評価.看護実践の科学,20(5):18-26,1995.(真田弘美, 須釜淳子)
  • 特別養護老人ホームでの褥創ケアアルゴリズムの有効性の検討.日本看護学会25回集録老人看護:170-173,1994.(真田弘美, 須釜淳子, 他)

総説・解説・その他

  • 褥瘡予防・管理ガイドライン.照林社,2009.(日本褥瘡学会編,古江増隆,真田弘美)
  • 在宅褥瘡予防・治療ガイドブック(診療ガイドラインニュース Vol.30).メディカル朝日,37(11):62- 65,2008.(松井典子,真田弘美)
  • 後期高齢者診療の実際とコツ-褥瘡対策(特集 後期高齢者をどう診ていくか).総合臨床,57(10): 2525- 2533,2008.(真田弘美,仲上豪二朗)
  • 褥瘡. 第3章高齢者に特徴的な臨床徴候(老年症候群)の理解と対策.老年医学の基礎と臨牀I,216-223,2008.(真田弘美,仲上豪二朗)
  • 褥瘡の処置と管理.外科治療,98(1):79-86.2007.(仲上豪二朗,西澤知江,真田弘美)
  • 最新の褥瘡対策(日本医師会生涯教育講座「褥瘡の治療」).東京都医師会雑誌,60(8): 910- 916,2007.(真田弘美,西澤知江,仲上豪二朗)
  • 最新の褥瘡管理,,日本老年医学会雑誌,44(4): 425-428,2007.(真田弘美)
  • 褥瘡対策未実施減算導入前後における外用薬と創傷被覆材の実態についてのアンケート調査報告.日本褥瘡学会誌,8(4):642-646,2006.(前日本褥瘡学会調査委員会,宮地良樹,真田弘美(論文執筆担当),大浦武彦,森口隆彦,徳永恵子,志渡晃一)
  • 褥瘡対策未実施減算導入後における褥瘡対策委員会と体圧分散寝具の実態.日本褥瘡学会誌,8(2):216-223,2006.(日本褥瘡学会調査委員会,宮地良樹,真田弘美〔執筆担当〕,大浦武彦,森口隆彦,徳永恵子,志渡晃一)
  • 褥瘡対策未実施減算導入前後の褥瘡の有病率とその実態についてのアンケート調査報告.日本褥瘡学会,8(1):92-99,2006.(宮地良樹,真田弘美〔執筆担当〕,大浦武彦,森口隆彦,徳永恵子,志渡晃一)
  • 特集 褥瘡と在宅ケア-入院患者から在宅障害者へ.Journal of Clinical Rehabilitation,15(6):510-514,2006.(紺家千津子,真田弘美,須釜淳子)高齢者における褥瘡の評価と治療.日本老年医学会雑誌,43(2):137-146,2006.(真田弘美)
  • 創の評価方法 DESIGN .Progress in Medicine,23(10):2499-2507,2003.(北川敦子,真田弘美)
  • 褥瘡対策未実施減算 事例でみる これでDESIGNはつけられる.エキスパートナース,19(11):36-41,2003.(紺家千津子,真田弘美)
  • 褥瘡対策未実施減算対応へのストラテジー 創の評価 DESIGNをどうつける 炎症/感染,肉芽形成,壊死組織,ポケット.エキスパートナース,19(9):26-30,2003.(紺家千津子,真田弘美)
  • 褥瘡対策未実施減算対応へのストラテジー 創の評価 DESIGNをどうつける 深さ,浸出液,大きさ.エキスパートナース,19(7):30-34,2003.(北川敦子,真田弘美)
  • DESIGN 褥瘡の新しい重症度分類と経過評価のツール.日本褥瘡学会誌,4(1):1-7,2002.(森口隆彦,宮地良樹,真田弘美,他)
  • 褥瘡対策マニュアル,エキスパートナース.18(7):47-79,2002.(真田弘美)
  • 創傷ケア 褥創の新しいアセスメントスケール「PUSH」を取り入れる.エキスパートナース,14(12):26-31,1998.(真田弘美,須釜淳子,紺家千津子 他)

創部

論文

  • Heterotopic ossification in the sacral pressure ulcer treated with basic fibroblast growth factor : coincidence or side effect? J Plast Reconstr Aesthet Surg .60(3):327-329, 2007. ( Nagase, T., Hisatomi, T., Koshima., I., Hattori, N., Koyanagi, H., Sanada, H.)
  • Distribution of myofibrobrast in stage Ⅱ and Ⅳ pressure ulcer.Journal of Tsuruma Health Science Society. Med. Kanazawa Univ. 29(1):1-9, 2005. (Kitagawa, A., Nakatani, T., Sanada, H., et al)
  • 高齢者における褥瘡のポケット洗浄液温度の検討.日本褥瘡学会誌,7(4):773-778,2005.(紺家千津子,北川敦子,真田弘美,他)
  • ポケットを有する褥瘡のポケット被蓋部の組織学的研究.日本褥瘡学会誌,7(4):798-803,2005.(黄芳,中谷壽男,真田弘美,他)
  • Change of cytokine in pressure ulcer with undermining. Journal of the Tsuruma Health Science Society, Med. Kanazawa Univ., 28:25-30, 2004. (Konya, C., Inagaki, M., Sanada, H., et al)
  • Histological examination of pressure ulcer tissue in terminally ill cancer patients. Japan Journal of Nursing Science, 1(1):35-46, 2004. (Kitagawa, A., Sanada, H., Nakatani, T., et al)
  • Histological examination of the distribution change of myofibroblasts in wound contraction. EWMA Journal, 4(1):13-20, 2004. (Tanaka, A., Nakatani, T., Sanada, H., et al)
  • 坐骨結節部褥瘡に特異的に認められた不良肉芽の組織学的検討.日本褥瘡学会誌,6(1):51-55,2004.(田中愛, 中谷壽男, 真田弘美, 他)
  • 持続吸引による陰圧閉鎖療法を導入した褥瘡ケアの一例.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,4(2):68-71,2000.(荒木真由美, 真田弘美, 紺家千津子, 他)
  • 真菌とMRSAが検出された褥瘡のケア.STOMA,5(4):174-175,1992.(紺家千津子, 真田弘美, 辻清子, 他)
  • Hydro Colloid Dressing (HCD)を使用した褥瘡ケアの効果に関する研究,金沢大学医療技術短期大学部紀要,12:43-47,1988.(真田弘美, 金川克子, 川島和代, 他)

総説・解説・その他

  • ベストプラクティス 創傷滲出液およびドレッシング材の役割, MEDICAL EDUCATION PARTNERSHIP LTD, 2007. 9月(全10頁)(真田弘美監修)
  • 非感染創の管理.EB NURSING,5(3):306-310,2005.(紺家千津子,真田弘美)
  • 治療ガイドラインを見据えた褥瘡治療の流れ 難治性褥瘡と看護 ポケットについての新しい知見.エキスパートナース,21(4):106-110,2005.(紺家千津子,真田弘美)
  • 足・下腿にできる「褥瘡」 予防と局所治療.エキスパートナース,21(3):48-52,2005.(大桑麻由美,真田弘美)
  • 褥瘡治療材の選択と使用法.エキスパートナース,20(4):112-113,2004.(北川敦子)
  • 今日から始める褥瘡・嚥下障害へのアプローチ 褥瘡状態における創傷被覆材の選択.エキスパートナース,19(3):105,2003.(北川敦子)
  • 予防と治療 褥瘡のアセスメント.皮膚病診療25(Suppl.1) :37-48,2003. (真田弘美)
  • 局所環境を整える看護技術.臨床看護,27(9):1408-1413,2001.(紺家千津子,真田弘美)
  • 踵部褥瘡に足浴ケアを導入する.看護学雑誌,65(3):214-218,2001.(須釜淳子,真田弘美)
  • 褥瘡の局所環境を整える看護技術.日本褥瘡学会誌,2(2):138-139,2000.(真田弘美)

その他

論文

  • Quantitative evaluation of elderly skin based on digital image analysis. Skin Research and Technology, 14(2):192-200, 2008. (Tanaka, H., Nakagami, G., Sanada, H., Sari, Y., Kobayashi, H., Kishi, K., Konya, C., Tadaka, E.)
  • Effect of vibration on skin blood flow in an in vivo microcirculatory model. Bio Science,1(3):161-166, 2008. (Nakagami, G., Sanada, H., Matsui, N., Kitagawa, A,, Yokogawa, H., Sekiya, N., Ichioka, S., Sugama, J., Shibata, M.)
  • 超音波画像による褥瘡の深度判定の有効性.日本褥瘡学会誌,1(2):249-253,1999.(紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 他)
  • 褥瘡のケアに関する研究の動向と今後の課題.看護研究,33(3):195-202,2000.(真田弘美, 大桑麻由美)
  • 褥瘡の深度判定に超音波測定を用いた一症例の経験.日本ストーマリハビリテーション学会誌,14(1):29-36,1998.(樋木和子, 清水明美, 西島澄子, 西谷美乃, 伊藤安子, 真田弘美, 他)
  • 褥瘡ケアDOとDON'T.エキスパートナース,10(8):48-51,1994.(真田弘美)
  • 褥瘡予防のためのアセスメントとナースの役割.エキスパートナース,10(2):34-43,1994.(真田弘美)
  • 最新褥創ケアの技術 アセスメントとケアの具体的手順(PART 1) 予防から第2度の褥創まで.ナーシング・トゥデイ,6(1):37-56,1991.(塚田邦夫, 徳永恵子, 真田弘美)

総説・解説・その他

  • 褥瘡治療・ケアトータルガイド.照林社,6-10, 2009.4月(仲上豪二朗,真田弘美,宮地良樹,溝上祐子編集)
  • International guidelines. Pressure ulcer prevention: prevalence and incidence in context. A consensus document. London: Medical Education Partnership Limited, 2009. (Harding, K., Sanada, H,, et al.)
  • デカリン先生の薬まるくん.改訂3版.メディカ出版, 2008.12月 (御供泰治編著,赤瀬智子)
  • ケアの根拠 看護の疑問に答える151のエビデンス.日本看護協会出版会,2008.(道又元裕監修) 「がん終末期にある患者の褥瘡ケアは治癒が目標か?」(井上歩,須釜淳子)
  • コラム 17 とっておきのフットケア情報 6コメディカルのフットケアを知る看護からみたフットケアと患者指導のコツ. 河野茂夫,宮地良樹 編集, 皮膚科診療最前線シリーズフットケア最前線.メディカルレビュー社,234-235,2008.(大江真琴,真田弘美)
  • 褥瘡ケアに有効な新しい機器.エキスパートナース,24(2):67-69,2008.(仲上豪二朗, 真田弘美)
  • 褥瘡予防における問題点と対策-ヨーロッパと日本に見る現状. エキスパートナース,24(2):70-73,2008.(インタビュー)(Tom Defloor, 真田弘美)
  • 褥瘡ケアに有効な新しい機器 特集 褥瘡ケア変わったこと新しいこと.エキスパートナース,24(2):67-69,2008.(仲上豪二朗、真田弘美)
  • 現場の疑問に答える褥瘡診療Q&A.中外医学社,2008.(宮地良樹,真田弘美)
  • 褥瘡についての最新の話題.訪問看護ステーションニュース,78: 7, 2007. 9月(松井典子, 真田弘美)
  • [特集]糖尿病患者のフットケア 施設訪問(お知恵を拝借)-東京大学医学部附属病院,,DM Trend Journal(糖尿病療養支援に携わるメディカルスタッフ向け情報誌),1(2): 4, 2007 7月 (真田弘美,大橋優美子)
  • 褥瘡管理のevidence based nursing(特集創傷管理の新知見Ⅰ).形成外科,50(5):505-514,2007.5月 (真田弘美,仲上豪二朗)
  • 最近の褥瘡管理について.感染と消毒,14(1):60-62,2007.5月 (酒井梢,仲上豪二朗,真田弘美)
  • 床ずれは予防も治療もできる病気です.JST News,4(1):12-13,2007.(真田弘美)
  • 5.皮膚(褥瘡),Ⅳ ADLの拡大と自立への看護ケア.氏家幸子監修,成人看護学D.リハビリテーション患者の看護(第2版),廣川書店,126-139,2007.
  • 褥瘡ケアの現在 最新ケアとエビデンス.精神科看護,33(12):34-40,2006.(西澤知江,真田弘美)
  • ケアの根拠100 がん終末期にある患者の褥瘡ケアは治癒が目標か?Nursing Today,21(12):38,2006.(井上歩,須釜淳子)
  • 褥瘡の予防.Medical Technology,33(2):137-142,2005.(紺家千津子,真田弘美)
  • 褥瘡ケアにおける根拠に基づく看護技術の重要性.日本看護技術学会誌3(1):15-20,2004.(真田弘美)
  • 褥瘡予防・治療レポート EPUAP褥瘡予防・治療ガイドライン EPUAP褥瘡予防・治療ガイドラインを翻訳するにあたって.エキスパートナース,20(11):125-130,2004.(真田弘美)
  • 知っておいて役に立つ高齢者医療の実際 褥瘡の管理.治療学,38(7):761-766,2004(真田弘美,菅野由貴子,北川敦子)
  • 経験すべき診察法・検査・手技 基本的手技 褥瘡の予防と処置.Medicina,40(12):448-456,2003.(大桑麻由美,真田弘美)
  • 寝たきり高齢者における褥瘡の治癒過程のアセスメントと今後の課題.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,5(2):5-11,2002.(紺家千津子,大桑麻由美,真田弘美)
  • 褥瘡の予防とトータルケア.整形・災害外科,46(7):801-812,2003.(北川敦子,真田弘美)
  • 老年症候群と診療 高齢者の褥瘡の予防と管理.綜合臨床,52(7):2156-2163,2003. (真田弘美)
  • 専門領域からのアドバイス 在宅医療へのアドバイス 褥瘡.プライマリ・ケア,26(2):145-147,2003.(北川敦子,真田弘美)
  • 褥瘡管理をより科学的に,そしてより実践的に.日本褥瘡学会誌,5(1-2):101-105,2003.(真田弘美)
  • 褥瘡研究の背景と展望.輸液・栄養ジャーナル25(1):3-11,2003.(大桑麻由美,真田弘美)
  • 最新の褥瘡予防.理学療法ジャーナル,37(3):247-250,2003.(真田弘美)
  • 褥瘡予防・治療・ケアのスタンダード 在宅での褥瘡予防ケア.エキスパートナース,19(1):18-22,2003.(村山志津子,真田弘美)
  • 看護におけるエビデンス 褥瘡研究からみたエビデンス.日本看護研究学会雑誌,25(2):135-136,2002.(真田弘美)
  • 褥瘡ケア最前線 訪問看護師としてはこれだけは知っておきたい.訪問看護と介護,7(8):618-638,2002.(北川敦子,真田弘美)
  • 根拠に基づく褥瘡予防とそのケア.医薬の門,41(6):670-674,2001.(真田弘美)
  • 最新の褥瘡予防管理 予防から発生後のケアまで.Progress in Medicine,21(8):1814-1818,2001.(真田弘美)
  • 褥瘡患者の看護技術.臨床看護,27(9):1287-1289,2001.(真田弘美)
  • 増えてきた尾骨部褥瘡をどう防ぐか 座りきり褥瘡の問題点.エキスパートナース,17(9):36-39,2001.(藤本由美子,真田弘美)
  • 褥瘡の看護,一般的ケア.Home Care Medicine,2(6):34-36,2001.(真田弘美)
  • Geriatric syndrome 高齢者特有の病態 褥瘡.Medicina,38(4):626-628,2001.(真田弘美)
  • 日米の褥瘡管理の現状と課題 日本の褥瘡ケアの現状と課題.エキスパートナース,16(3):38-39,2000.(真田弘美)
  • 褥創の予防方法におけるEBNの意味と有効性について 問題の明確化からその評価まで.看護,52(2):31-36,2000.(真田弘美)
  • 在宅と寝たきり ケアの実際 褥瘡.クリニシアン,45(10):959-967,1998.(真田弘美)

創傷

論文

  • Ultrasonographic evaluation of an unusual peri-anal induration: a possible case of deep tissue injury. Journal of Wound Care, 16(8):365- 367, 2007. (Nagase, T., Koshima, I., Maekawa, T., Kaneko, J., Sugawara, Y., Makuuchi, M., Koyanagi, H., Nakagami, G., Sanada, H.)
  • Relationship between the distribution of myofibroblasts, and stellar and circular scar formation due to thw contraction of square and circular wound healing.Anatomical Scice International, 82:147-155.2007.(Mawaki, A., Nakatani, T., Sugama, J., et.al.)
  • 医療用粘着テープ貼付による高齢者の皮膚障害の実態.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,8(2) :29-35,2004.(樋口友紀, 佐々木俊治, 高村由美子, 中道裕美子, 永江聡枝, 堀江佳名, 丸谷彰代, 山口桂, 真田弘美, 他)
  • 医療用粘着テープによるスキントラブルの予測と予防 術後患者における発生要因の検討.日本看護学会論文集32回看護総合:181-183,2001.(畑いずみ, 森川さおり, 龍口さだ子, 高道香織, 紺家千津子, 真田弘美)
  • 術後患者の医療用粘着テープによる皮膚障害発生要因の検討.看護実践の科学,27(5):92-93,2002.(紺家千津子, 真田弘美, 畑いずみ, 高道香織)
  • テープによるスキントラブルの予測と予防.看護学雑誌,65(1):94-95,2001.(高道香織, 龍口さだ子, 真田弘美)
  • 小腸瘻を伴う巨大開放創の二次治癒過程における創傷ケアの方法.日本ストーマリハビリテーション学会誌,14(1):21-27,1998.(北山幸枝, 小西千枝, 片田真理子, 他)
  • スペシャリストの専門技術 スキンケア.ナースデータ,15臨増:37-42,1994.(真田弘美)

総説・解説・その他

  • 1.WOC看護のトピック「下腿潰瘍のアセスメント~ナースができるアセスメント方法」(認定看護分野のToday's care 第3回).ナーシング・トゥディ,21(10):5-7,2006.(大桑麻由美,須釜淳子,真田弘美)
  • ケアの根拠100 足・下腿潰瘍のアセスメント時にABI測定がなぜ必要か?Nursing Today,21(12),2006.(北山幸枝)
  • 下腿潰瘍のアセスメント~ナースができるアセスメント方法(認定看護分野のToday's care 第3回1.WOC看護のトピック). ナーシング・トゥデイ, 21(10):5-7,2006..(大桑麻由美, 須釜淳子, 真田弘美)
  • 特集 フットケア最前線 いま注目されているフットケアとは.月刊ナーシング,26(9):25-35,2006.(大江真琴,大桑麻由美,真田弘美)
  • 足・下腿潰瘍の見分け方 足・下腿の潰瘍ナースはどのように観察する? エキスパートナース,21(3):21-31,2005.(真田弘美)
  • 創傷ケアと専門性とその実践・課題.Urological Nursing,4(3):235-239,1999.(真田弘美)

ストーマ

論文

  • 消臭剤付きストーマ袋の使用評価 4症例適用して.日本ストーマリハビリテーション学会誌,16(1):55-59,2000.(津田恭子, 真田弘美, 片田真理子, 他)
  • オストメイトにおける患者会の効果とその入会の有無を決定する要因の検討.日本ストーマリハビリテーション学会誌,12(1):15-25,1996.(真田弘美, 伊藤順子, 地崎友美, 他)
  • 在宅オストメイトの生活上の不安とソーシャルサポートとの関係.STOMA,6(2):56-60,1993(真田弘美, 永川宅和, 中村友美, 他)
  • 癌に対する認識がコロストミー保有者に与える心理的影響について.日本ストーマリハビリテーション学会誌,8(2):21-28,1992(真田弘美, 紺家千津子, 平林可寿子, 他)
  • 複数ストーマを持つ予後不良患者の腸瘻ケア.STOMA,5(4):182-185,1992.(真田弘美, 紺家千津子, 辻清子, 他)
  • ストーマ患者の社会復帰に向けての指導 特にスキントラブル予防に対する退院指導.看護技術,34(7):785-789,1988.(真田弘美)
  • 洗腸法と自然排便法の長所と短所 排便方法と日常生活に及ぼす影響に関する検討.STOMA,2(3):119-122,1986.(津田光世, 真田弘美, 川島和代, 他)
  • 排便方法がオストメイトの精神的問題に及ぼす影響.日本ストーマリハビリテーション研究会誌,3(2):101-108,1987.(真田弘美, 川島和代, 津田光世, 他)
  • 在宅コロストメイトのかぶれの改善方法に対する検討.日本ストーマリハビリテーション研究会誌,3(2):87-93,1987.(真田弘美, 川島和代, 津田光世, 他)
  • 在宅コロストメイトのかぶれの要因についての一考察.STOMA,3(2):57-62,1987.(真田弘美, 川島和代, 津田光世, 他)
  • 結腸ストーマ保有者の家庭におけるスキンケアの実態.STOMA,2(1):23-28,1985.(真田弘美, 津田光世, 川島和代, 他)
  • 人工肛門保有者の排便方法と日常生活状況の関係.看護技術,31(6):811-816,1985.(真田弘美, 津田光世, 川島和代)

総説・解説・その他

  • ストーマケアに学ぶ肛門周囲皮膚炎の管理.臨床皮膚科,61(5):113-117,2007.4月 (小柳礼恵,真田弘美)
  • XXⅡ ストーマ造設する大腸切除術を受ける患者の看護,氏家幸子 監修,成人看護学B.急性期にある患者の看護Ⅱ-周手術期看護-(第3版),廣川書店,219-249,2007.(真田弘美)
  • QOLの高いターミナルステージのためのストーマケアのポイント.Urological Nursing5(9):794-797,2000.(藤本由美子,真田弘美)
  • 人工肛門保有者の心理面を重視した装具のあり方.臨床看護研究の進歩,7:31-42,1996.(真田弘美,地崎友美,坂東純子)